« 【反面教師】 | トップページ | 【ひなぎく】 »

2012年12月17日 (月)

【アイリッシュコンビ】

Photo ボウランとバイオリン。
アイリッシュ音楽にはよく登場する楽器です。
19日のpropithecusライブではどちらも登場する予定。
この楽器を練習するのに、YouTubeで色々な動画を見る。
レッスンやアーティストの動画も見るけど、アイルランドのパブでのセッションが凄い!
パブにいるのはミュージシャンでなく、普通のおっちゃん達(のはず)。
やってる曲はアイルランドの定番なんだろうけど、みなさん芸達者!(いや、芸ってのとは違うか)
「沖縄で人が集まると誰ともなく三線(さんしん)を弾いてみんなで歌い踊る、みたいな感じなんだね。でも日本じゃ県民がみんな知っててセッション出来る曲とか楽器ってないんじゃない?」という話になった。
うん、確かに少ないね。
なきゃいけないって事はないけど、あったら楽しいね♪
う~ん、老若男女が知っている、セッションが出来る日本の曲もしくは歌というと・・・・
やっぱり「笑点のテーマ」かなぁ☆

|

« 【反面教師】 | トップページ | 【ひなぎく】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【反面教師】 | トップページ | 【ひなぎく】 »